いちご狩りカレンダー


お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< みつばち | main | ハウス全景 >>
みつばち その2


イチゴの花を受粉させるためには、ミツバチの力を借りなければ
なりません。 綿の耳かきでも出来なくはないのですが、作業が
品雑になってしまいます。
一度受粉させた花を再度いじると、奇形果にもなりやすいですし。
そのため、イチゴにはみつばちであって、マルハナバチではないのです。



前述ですが、今回は近所のイチゴ農家が取引をしている養蜂業者から
借り受けることを選びました。 
養蜂業者から借り受ける以外にも、みつばちを購入するという選択肢
もあります(以下買い蜂)。 
どちらのみつばちが良いのか分かりかね、販売元に問い合わせても
はっきりと自社の製品(?蜂)を進めてきません。 自信が無いのか
及び腰であり、購入するのに躊躇しました。
かといって養蜂業者のみつばち(以下借り蜂)が優れて良いのかというと、そういった
ことは一切言わず、入っているみつばちの数も不確かです。
「これまで他の農家がこうだったから・・・」とうことで、私の中で
何か釈然としませんでした。

私の中で判断に迷う理由が3つあります。
1、価格
2、品質
3、保証

        買い蜂(約6,200引匹)   借り蜂(約3,000X2箱)

価格      約19,000-        約44,000-
使用可能時期  5-6ヶ月(不明)     3月末まで(それ以降は延滞金発生)
品質      向上を謳っている     良好(近隣農家で問題無し)
手間      砂糖水の給餌       ほぼ無し(巡回して給餌)
保証      無し(発送保証のみ?)  脱走や全滅の時は交換可
                       (ただし常識の範囲内で)

買い蜂に比べて借り蜂は価格が倍位します。
しかし、手間や保証を考えると割安なのでしょうか?
買い蜂であっても、上手に管理すれば11月から6月まで問題なく生存して
働いてくれる様です。 さらに管理が上達すれば、郡が別な場所に作った
巣を見つけ出し、翌年利用することも可能だそうです。
(その時は蜂の利用に関する登録が必要だそうですが。詳しくは分かりません。)

みつばちに私がなれる為にも、今年は借り蜂を利用しようと考えました。
今後イチゴ栽培の面積を拡大して行く中で、買い蜂へと移行して行こうと
思います。 (ただし、養蜂業者は借り蜂と買い蜂が同一ハウス内で生活
することを嫌います。 それはみつばちに寄生する病気の関係だそうです)

技術等に自信がある養蜂業者(農家)と出会えればそれが一番だと思います。
単なる頑固ではなく、技術・経験に裏付けされた論理的な方おりませんか?
      
| みつばち | 21:19 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
農大でもミツバチは借りてるよ〜。

でももし買ったら、蜂蜜も取れるのかしら((((o゜▽゜)o)))

蜂蜜採取用のミツバチセットを売っていたのを見たことがあるわ。テレビで。
| みさこ。 | 2007/11/06 3:50 PM |
イチゴは蜜が少ないため、蜂蜜は取れないそうです。
ですから養蜂農家さんはメリットが無いためお金を取るのでしょう。
イチゴの蜂蜜があったら味見してみたいですね!
| 管理人 | 2007/11/06 9:47 PM |
Grüß Gott.
ども今日和。
いちご、めっちゃ広くしてるんですね。今いる、フィリピンのバギオはイチゴの産地らしくてプロジェクトでもイチゴやってみようかということでトチオトメを今度植えます。なんもわからないのでなんかあったら質問します :)でわでわ。体に気をつけておいしいイチゴ作ってください。
| じゅんたろう | 2007/11/07 6:12 AM |
じゅんたろう さん
こんにちは。 Blogたまに拝見させて頂いております。
じゅんたろうさんのmixiみたいにリンクで飛んでくようには
どうすれば良いのでしょう?

教えて下さい。
| 管理人 | 2007/11/08 8:58 AM |
山梨では、ミツバチは買取るか、借り入れる方法があります。どちらも保障はありません。買取は1箱(6500匹)で17850円で餌は2週間に1回砂糖水を与える。借り入れは、1箱(6000匹)16000円で餌は箱の中に蜂蜜が入っています。どちらも、養蜂屋さんです。
どちらの方法がよいかは、館長も思考錯誤しております。
館長の6年間の経験では、ミツバチ屋さんの違いより、その年の天候とミツバチの置く場所(北側がお勧め)、農薬散布の時箱を外に出す人、出さない人などの違いが影響していると思います。館長のお勧めは、10月の開花時期に1箱6000匹を借り入れ(巡回の世話無し)か購入し、2〜3月にミツバチが少ないと感じた時に1箱追加購入が良いと思います。
基本的には、一反(6000〜7000株)に1箱(6000〜7000匹)のミツバチと言われています。
 館長は、従来の長野県のミツバチと今年新しく見つけた静岡県のミツバチを購入して比較しています。また、箱の置く高さを今年は高くしてみました。
 いずれにしても、ミツバチの費用も馬鹿にならないのでミツバチを上手に使うことを皆勉強しているみたいです。
 3月に入れたミツバチは、いちご園が終了後外に置くと分蜂することもあります。新しい箱を用意しておけば捕まえることも出来ますが、蜂屋さんが持っているネットの服が必要です。
毎日少しずつコメントしますね。
| 館長 | 2007/11/08 9:37 PM |
うちのミツバチはしっかり働いているのかよく分かりません。
花をみると既に結実しているものもあるので、良しとしていますが、
これからも注意して観察してみます。

2点お伺いしたいのですが、同一ハウス内に違う養蜂家さんのミツバチを
入れることは問題ないのでしょうか? 
そして、宜しければ、館長さんがお取り引きをしている養蜂家さんを
紹介して頂けませんか?

厚かましい様ですが、どうぞ宜しくお願い致します。
| 管理人 | 2007/11/10 10:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/581339
トラックバック