いちご狩りカレンダー


お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< イチゴの栽培後 | main | ランナー受け始まりました。 >>
ケロケロ農園さん見学(場所:土浦)
 農業総合センター嘱託から新規就農されたケロケロ農園の園主さん。

茨城県園芸研究所の元所長さんの紹介のもと、同行見学させて頂きました。


ご両親が果樹農家さんで、ご本人はイチゴで新規就農です。

昨日まで収穫を行っており、4作目が終わった様です。


来作用のポット受けもほぼ終わりそう。
ちなみにうちはまだ取りかかっていません。
すくすくトレーの土入れは終わりましたが。


本圃
42.7mmのパイプはスパンが広い!


谷の巻上げの開口部も幅広です。


本圃は15a
暖房機2台、炭酸ガス発生装置1台、
温湯管およびボイラーはありませんでした。


ベンチ
培地の加温方法は、今巻き上がっているサイドスカートを下し、
ベンチの下部にに温風を当てる様です。


培地はピートポット
苗の培土と同じ物を使用しているそうです。
7作目頃から順次交換を予定しているそう。
こちらの培土は、1000円/袋 くらいするので、入れ替えの費用は
大変そうですね。
肥培管理は、元肥にロングの粒状肥料を使い、それからは液肥で
管理するそうです。



本圃、遮光無しで6月末まで収穫出来るってすごい。
特にあきひめ、紅ほっぺが徒長していなく管理の良さが見えました。

現在、うちで出来ていない積極的な炭酸ガスの施用。
私も見習って勉強し来シーズンの炭酸ガスの施用方法を検討します。



ケロケロ農園の園主さん、元園研所長(現養液土耕研究会)さん
ありがとうございました。

| 研修・視察・見学 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/1006046
トラックバック