お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 台風15号(ロウキー) 平成23年9月21日 | main | 木枯らし >>
イチゴの現況
定植してから約5週目のイチゴ達。

手前はアイベリーでその奥は桃子のイチゴ、女峰、いばらキッス、章姫、紅ほっぺ、とちおとめと続きます。




合計9千株のイチゴが定植されています。

花芽が上がり始め、早い所では開花し始めました。

しかしながら、枯れてしまった株もあります。
全株中の約0.2%
炭疽病の葉枯れ炭疽、原因菌はアキュティタイム。
シングラータに比べ侵入力が弱いため、回りに広まりにくいですが、
一度罹病してしまうと回復の見込みはありません。
そういった株は早期に発見、抜根して密封して処分します。
抜根して空いた植え穴には、補植用の苗を定植します。 通常、罹病株の
抜根後は各種殺菌剤を用いて処置した後に補植を行いますが、今回は
何の処置も無しに補植を行いました。 出来るだけ殺菌剤等を使用したく
ないため、殺菌剤処置無しを選択し今後の経過を見守ります。

| イチゴの様子 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/1006007
トラックバック