いちご狩りカレンダー


お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< W460のキャリア | main | がんばろう茨城!学生ボランティアさんが来園 >>
宮城県 石巻への支援物資配達
後日詳細を画像共にアップします。

(23.4.19UP)
大洗町商工会青年部、
NPO法人海の大学として支援物資を運びました。

(敬称略)
がんばろう茨城!学生ボランティア:支援物資提供
有限会社日照プラント工業:車のキャリア製作提供
関根モータース:車両整備
有限会社デジアド:横断幕製作提供
株式会社田山石油:燃料提供
吉山裕次郎:記録写真提供
その他商工会青年部の方々
ご協力頂きましてありがとうございます。
4/12、支援物資を「がんばろう茨城!学生ボランティア」より受け取る

後のトレーラーにも積み込み
荷物の縛り直しなどをして、22時に水戸を出発

4/13、4時矢本PA到着

7時、矢本SAを出て石巻へ


8時半、専修大学に到着
てんつくマンさんの活動する「め組JAPAN」さんへ物資の引渡し





こちらは食料倉庫




屋根の上のキャリアには軽めのお菓子、煎餅等を乗せました。



 
こちらは、食料以外の倉庫内
おむつ、マスク、手袋、消毒薬、ポリ容器などを運びました。





専修大学敷地内にあったプレハブ
案内をみると、新潟中越沖地震で使った現物とのこと。展示中。








め組JAPANのスタッフ



ここから石巻市内の様子














ここから福島県相馬市、国道6号線から東の方向



たくさんの写真を掲載しました。
見る方それぞれ、色々と感じ取って下さい。
これらは被災後約一ヶ月後の現実です。

自衛隊を中心に、地元の住民を始め各種ボランティアが
瓦礫の撤去や泥出し作業を行っておりますが、その量が
とても多いために片付けに時間がかかっています。

私が支援物資を届けた、石巻市内にある専修大学の敷地内に
ボランティアの方々は自分のテントを張っておりました。
聞くと食料も持参してきているようです。
ボランティアとして、現地のお世話には出来る限りならない
というのがあるかと思いますが、泥出しや片付け作業が
長期化する中では彼らに対するバックアップも必要です。

支援物資の食料は現地で十分量賄えているとの報道が
各種メディアでされております。
しかし、被災地で作業をするボランティアの方々をも
これからは支援する必要が出てきていると感じました。



石巻から大洗に帰ってきて、海大の職員と話し合った結果
さらなる追加支援を行う事が決定しました。
私達に出来る事を探し実行に移します。

重ね重ねご協力を頂戴している皆様方のご支援ありがとうございます。

皆様のお気持ちを、まだ支援を必要としている地域へお届けします。


eBay.de
ドイツイーベイのサイト
右下に1/4日の丸のバナー。
日本への募金のサイトへ繋がります。
4/19現在約5000万円が集まっております。

ドイツの方々ありがとうございます。






| 地域の様子 | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/1005992
トラックバック