いちご狩りカレンダー


お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今週のいちご狩り予約状況 | main | 出初め式に参加しました。 >>
当園のジャムが新聞に掲載されました。
新聞とはいっても、読売新聞に折り込まれる「よみうりタウンニュース」(公表部数:218,000部)になります。

茨城「ご当地調味料」図鑑のなかの、百花繚乱ご当地ジャム として、取り上げて頂きました。


茨城県内、こうしてみると色々と個性豊かなジャムがあるのですね。
りんごやゆず、トマトにヤーコン、メロンに人参、そして当園のさつまいもジャムと。

当園のさつまいもジャムは、さつまいものもっさり感を感じさせない、さっぱりと風味豊かに仕上がっています。
丹誠込めてつくっているため、時間あたり10瓶しかできません。 まいわい市場や当園の直売所でも、商品を切らせてしまうことがあるため、課題として良策を見つけていきたいと思います。 

当園、そして就農して3年目の私は、大洗の旅館やホテルさん、大洗町内の商店のみなさん、地域の農家さんに支えられて今が成り立っています。
いつも感謝の気持ちを忘れない様に心がけ、地域を盛り上げる力に少しでも協力出来ればと思い、地域の農産物の新しい可能性を提案していきたいと思います。
元栄養科の先生で管理栄養士の妻の力を借りて、地味ながらもゆっくりと食と農の楽しさを伝えていきます。

当園、大洗ベリーフィールズの農産物、ジャム、お菓子を購入して下さっているみなさま、今後も宜しくお願いします。




*他商品で、私が気になったのは「人参ジャム」。水戸の見川にあるゆたりや さんで購入出来る様なので、今度行ってみようかしら。
友人のパンキートリップカフェさんで人参ジュースを飲んでから、あの人参の甘さと香りの余韻が忘れられません。  普段、人参の料理って思い出そうとしても、代表的なカレーくらいしか思い出せません。 だからこそ、あの人参ジュースは自分に取って新鮮でおいしかったな。





UGEMテーマ:日記・一般
| お菓子、ジャム | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/1005938
トラックバック