いちご狩りカレンダー


お問い合わせはこちらから




合計
今日
昨日

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 茨城新聞 '09,5,20 | main | 初ブラックベリー >>
イチゴ苗の研修(グルメいちご館前田さんにて)
山梨県にあるイチゴ狩り園、「グルメいちご館前田」さんの所で、7月12日から22日までの間、イチゴの挿し苗、受け苗の研修を行わせて頂きました。
 (右から、本人、グルメ穴山さん、パートさん、館長、寺田さん、パートさん、社長)

本圃30aに対して生産する苗数は約80,000本! 通常土耕栽培での定植本数は6,000本/10aで、予備苗を1割作ったとしても、7,000本/10a程度です。
前田さんの所は、30aですので、21,000本の苗があれば十分なはずですが、多数の品種を栽培するためと、近隣イチゴ農家からの信頼があるため、苗生産を委託されているようです(生産許諾権取得済)。


80,000本もの苗を生産する訳ですから、専用育苗施設だけで20a の施設を保有しています。
親株からの採苗方式はナイアガラ方式を用いています。

親株のベットは高さ2mに位置しており、そこからランナーを無理無く下垂させ、太郎→次郎→三郎→四郎と順次発生させてあげます。 親株の生育バランスが整っていないと、肥料の過剰障や不足を起こし苗の発生に影響を与えますし、病害虫への抵抗性も下がってしまいます。  絶妙なバランスの中で親株を維持して行く事は、大変な心配りが必要になります。
上表示した一枚の写真からも分かる様に、施設内はとてもきれいに整頓され、清潔さがあります。 そういった環境を作り上げる事も、IPMの中での耕種的防除(環境的対策)にあたり、無駄な農薬散布を減らす事が出来ます。

挿し苗(ポット)の様子

| 研修・視察・見学 | 10:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
    
コメント
命名ありがとうございます。グルメ穴山です…。
ブログを見たら、先日の写真と下にはグルメ穴や…。これは一言書き込まねば!とお邪魔させてもらいました。

先日は暑い中、研修お疲れ様でした。
大貫さんの参加で忙しく大変な期間も楽しく有意義に過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
これからもグルメグループをお互い盛り上げていきましょう(笑)

そのうち、サッカー水戸戦で茨城に行ったら大洗ベリーフィールズに寄りたい思います。

それでは、また。
| グルメ穴山 | 2009/07/29 8:41 PM |
グルメ穴山さん

先日はお世話になりました。
グルメキャンプを快適に過ごせたのも、グルメ穴山さんのサポートあってこそです。 次回宿泊を伴う時には、万全の体制で挑みたいと思います。(笑)

グルメグループ
盛り上げて行きましょう。 おいしいイチゴのために。お客様の笑顔のために。  自己満足のためにも。


こちらにお越しの際は、茨城のイチゴの現状を案内させて頂きます。 主流品種は「とちおとめ」ですが、現在「ひたち2号」といわれるものが現地栽培試験を行っていますので、今後の展開が期待されます。
とちぎのイチゴになかなか追いつけない、茨城のイチゴの頑張りをその目でみてみて下さい。


追伸
ホームセンター巡りもしましょう。
| イチゴ三年生 | 2009/07/29 9:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.oaraiberry.com/trackback/1005889
トラックバック